転職・再就職賃上げ圧力  失業1年未満の「即戦力」が不足

失業1年未満の「即戦力」が不足の、人手不足の中での転職・再就職市場での賃上げ圧力が強まっている。(日本経済新聞より)

 

深刻な人手不足で転職・再就職市場での賃上げ圧力が強まっている。

職探しの期間が1年未満という短期失業者がバブル経済期を上回る水準まで減少。

転職者の売り手市場が続けば、生産性の高い成長分野への人材移動が進みやすくなす。

 

建設大手が施工管理の人材獲得のために役職手阿多など含め年収を従来の800万円から900万円に引き上げるなど

不動産・建設やサービス業、自動車メーカーなどで転職者の給与引き上げの動きがみられる。

企業が転職者に提示する年収はここ3年で、10~30%増えた。

 

転職後に賃金が1割以上増えた人は30%を超えている。

賃上げ圧力が高まる背景には、転職市場で即戦力の力の確保が難しくなっている。

 

総務省労働力調査では、期間1年未満の失業者は前年から10万人減少。

ここ数年の雇用改革を受けての好条件の転職先を求める退職者も増加。

17年では、前職を辞めて求職する人のうち、自己都合退職が62%となり、より良い待遇を求めて職探しを始めると

企業が給与条件などを引き上げて即座に囲い込もうとしている。

また、希望退職を募る企業もジワリと増えている。良好な雇用環境がリストラを伴う事業再編にも追い風となる。

また、初任給の引き上げにもつながっているようです。

 

【広島求人.com】は、広島でお仕事をお探しの方々の求人サイト。

地元広島の転職、広島のバイト探しを応援しています。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。