正社員賃金4年ぶり減

厚生労働省が発表した賃金構造基本統計調査によると、2017年の正社員の1か月分の賃金は32万1,600円で前年より減少しました。

(日本経済新聞より)

 

2017年正社員の1か月賃金は、32万1,600円で前年より減少。

年代別では20代は上がったものの、30代~50代は減少。女性は微増。

企業は賃上げを進めているが、比較的給与が低く不足感が強い若年層に偏りがちな実態がでている。

 

正社員の男性は、34万8,400円で前年減。若年層は増えたが、一方では45歳~49歳のゾーンで減少。

40代後半は団塊ジュニア世代にあたり、層が厚く企業は人件費を増やさないために1人当たりの給与を減らしている

可能性がある。

女性正社員は26万3,600円で増加。

賃下げは、規模の大きい企業ほど強い傾向。大企業の正社員の賃金は0.4%の減少。

一方で、中小企業は0.6%増となっているようです。

 

地元広島の転職情報【広島求人.com】では、厚待遇の情報も満載です。

地元広島で転職をお考えの方は、正社員情報の多いサイト【広島求人.com】でおさがしください。

 

厚待遇の新着ドライバー

大手企業の厚待遇で男性も女性も活躍中の正社員で広島近郊自宅の近くにある会社

厚待遇の男女ドライバー

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。