伸びる健康寿命 働き手不足解消に寄与

伸びる健康寿命は働き手不足解消に寄与? (日本経済新聞より)

 

男性72.14歳、女性74.79歳。

厚生労働省が発表した2016年の健康寿命の推計値です。

健康寿命は介護を必要とせず、自立した生活を過ごせる期間。

前回より男性0.95歳、女性0.58歳延びました。

 

最も長いのは、男性が山梨県の73.21歳、女性は愛知県の76.32歳。

最も短いのは、男性が秋田県の71.21歳、女性が広島県の73.62歳.

※熊本県のデータは入っていません。

 

寿命でよく聞くのは平均寿命。

平均寿命との差は、男性で8.84歳、女性で12.35歳。

前回より縮まっていますが、団塊の世代が75歳以上となる25年を前後に

よりこの差を縮めることが望まれています。

 

政府は、高齢者施策の中期的指針である高齢社会対策大綱の案で、年金受給開始年齢を

70歳超えも選択できるようにする考えを示しました。

労働生産年齢人口の減少で働き手不足が深刻になる中、健康寿命を少しでも引き延ばし、

元気なお年寄りに働いてもらいたいという思惑もあるようですね。

 

【広島求人.com】では、広島の転職、広島のバイト探しを応援。

もちろん、シニアのお仕事探しも応援しています。

まだまだ元気に働けるシニアの方々も必見のお仕事情報。

 

【東区牛田新聞販売店】

【安佐北区可部新聞販売店】

【安芸区セブンイレブン】

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。