副業認める就業規則が普及?

副業認める就業規則

厚労省、モデル改正案 中小への普及見込む(11月21日日経新聞)

 

厚生労働省は20日、企業が就業規則を制定する際のひな型となる「モデル就業規則」について、副業を認める内容に改正する案を有識者検討会に提示した。

現在は、原則禁止しているが、事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記した。

中小企業のなかには自社の就業規則にモデル就業規則を転用する場合も多く、一定の普及率を見込む。

現在モデルは「許可なく他の会社等の仕事に従事しないこと」を削除したうえで、「労働者は勤務時間外においてほかの会社等の業務に従事することができる」との規定を新設する。

長時間労働を招かないかなどを確認する観点から会社に届け出をすることとしている。

 

働き方改革で、仕事、業務、個人の仕事の在り方が変わってきています。【広島求人.com】では、Wワーク歓迎、空き時間を使おうの短時間バイトなどの情報も多数掲載中。

モデル就業規則が取り入れられると、空いている時間を使っての仕事も増えてくるのではないでしょうか。

地元広島の求人、広島のバイト、広島の転職など、広島の求人情報は【広島求人.com】で、おさがしください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。