賃上げ「息切れ」回避挑む

製造業や流通業の労組では、好調な企業業績を背景に16年並みの賃上げを求める姿勢が目立つ者の、4年連続の賃上げは「息切れ」が指摘されている。

企業の働き方改革も進む中、生産性向上への取り組みも大きなテーマとなる。(日経新聞より)

 

企業業績は好調であるが、経営側は、将来を楽観できない。など賃上げには慎重な姿勢。

大企業中心に賃上げは頭打ち感があるが、人材確保が経営課題の中小企業は待遇改善を進める必要がある。

大企業との賃金差を縮めることを目指す。

また、職場を支える非正規社員に目配りする動きも目立ち、パート、アルバイトなどの短期労働者も同等の新上げを求める。

2018年の賃上げもなかなか厳しそうですね。

 

働き方改革の中での、生産性向上や、同一労働、また大企業と中小の差など改善してほしいですね。

広島求人.com】では、高待遇の広島の転職、広島のバイトなど、広島の求人情報掲載中。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。