「賃上げ3%検討を」経団連、労使交渉の指針案

経団連は来年春季労使交渉で月例賃金の伸び率を3%とするように求める方針。(日経新聞より)

 

働き方改革による残業代の減少は、賞与や手当での還元を求め、社員の手取り収入が減らないよう配慮する。

経団連が数値目標を明示するのは異例。

働き方改革と賃上げの両立も労使交渉のテーマ。

働き方改革に伴って社員の残業代が減っていることに関し、生産性向上を前提に還元を促す。

社員への還元方法は賞与や手当が原則。

 

働き方改革で、残業代の減少。これにより、企業側からの提案として3%の賃金アップ。

賞与、手当で還元ということです。しかし、働き方改革では、短時間に成果を出さなければならないのが目標。生産性のアップで賞与や手当で還元される。

労働側も、賃金アップで喜んでばかりはいられませんね。短時間で結果を出して、ご自身の時間と、賃金を拡大させましょう。

広島求人.com】も、いろいろな働き方の企業情報を発信中です。

広島の転職、広島のベイト探しは【広島求人,com】で!

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。