外食「無休」もう限界

外食産業の無休が限界に

時給上げても人足りず

年末閉店や定休日

(日経新聞より)

 

深刻な人手不足が続く外食産業で、年中無休のビジネスモデルを転換する動きが広がってきた。

大手外食業態では、24時間営業に続く見直しで、店舗ごとの定休日を本格導入となっている。

 

長年、日本の外食チェーンは、24時間営業や、年中無休が一般的なサービスとして定着してきた。

ただ、人手不足が常態化した今年に入り24時間営業の見直しや、人手が一層足りなくなる年末年始を控えて年中無休にも

変化が表れてきている。

飲食業の時給は最高を更新しており、深夜の時間帯ではアルバイトの争奪戦で、時給を上げても人手を確保できない状況が続いています。

こうした状況で、24時間年中無休のビジネスモデルを継続することは負担が大きい。

こんな中で、ライフスタイルの変化により外食チェーンが、深夜や、年末年始に営業していなくても顧客からは大きな不満は出ないと見ている。

物流など、業界を超えた人材の争奪は激しく、外食は敬遠される傾向がある。

外食産業はこれから、人手不足に対応しなければ成長が難しくなり、これまでのサービスにこだわらずに負担の小さい働き方や職場環境作りに取り組むことが欠かせない。

 

広島求人.com】でも、外食産業の情報も多数あります。

<カフェ風車>   <生そば水車>  <あなごめしうえの>  <ちんちくりん>  <お好み焼侍>  <八昌談>

まだまだあります。

飲食のイメージを覆す、楽しい職場を提案しています。

広島のバイトは【広島求人.com】もちろん、広島の転職も。

広島の求人情報は地元広島の企業でいっぱいの【広島求人.com】で。業界イメージを変えるお仕事があなたをお待ちしています。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。