働き方改革実施済み8割

人出不足が続く中、地方企業が働きやすい職場つくりに動いている (日本経済新聞より)

 

日本経済新聞調査では、81.3%のトップが働き方改革に「すでに取り組んでいる」、10.9%が「予定がある」と答えた。

今いる人材の力を最大限に引き出し新たな人材の呼び込みも目指す。

 

改革の具体的な取り組みは「残業制限の上限抑制」が67.3%で最も多く、「女性の復職支援」57.5%、「勤務時間の柔軟化」54.8%、「男性の育休取得促進」42.7%が続く。

レンタルオフィスなどで働くテレワークや在宅勤務を導入する企業も18.6%。

 

地方では、人口減による人出不足が都市部以上に深刻。調査でも50.2%が従業員が「不足」「やや不足」と答えた。

要因は「同業他社との採用競争」55.8%、「地域での労働人口減」47.9%、「大手企業の採用増」34.1%。

働きやすい環境を整えて人材確保につなげる狙いもある。

 

女性の活躍推進で総合職や、外国人労働者など働きやすい環境整備に動いています。

 

広島求人.comも働き方改革に取り組む企業も多数掲載中です。

ここにしかない地元広島の職場づくりに取り組む企業。広島の転職、広島のバイト探しは、働き方改革推進中の働きやすい環境をおさがしくださいね。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。