中途採用求人数6・7%増 10月、金融機関で伸びる

パーソルキャリア(東京・千代田)が12日発表した10月の中途採用の求人倍率は、前年同月比0.14ポイント低い2.11倍だった。(日本経済新聞より)

 

転職希望者が大きく伸びたが、求人数も同6.7%増えた。将来への不安から退職者が増えている銀行で人材不足感が出始めており、金融機関の求人数が17.9%増と大きく伸びた。

 

 銀行の求人数は、今年に入って低水準が続いていた。店舗網の縮小などで各行は大規模なリストラを打ち出しているが「地方銀行を中心に想定以上に若手の転職が増えており、補充のための中途採用が出始めた」(転職サイト「doda」の大浦征也編集長)。

 10月は下半期の採用計画に基づく新規求人が出ることも、求人数を伸ばした。

 

 リクルートキャリア(同)が同日発表した中途求人倍率は前年同月比0.20ポイント低い1.68倍だった。システムエンジニアの求人数が同36.4%増えた。銀行が新決済システム構築などのために求人を増やしており「かつての営業行員並みの規模で採用が増えそうだ」(同社)。

 

広島の中途採用も活発です。

広島の転職をお考えの方、広島求人.comは、地元広島の求人情報をお届けしています。

地元、広島のお仕事探しは、広島求人.comでお探しくださいね。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。