派遣時給、3%上昇(三大都市圏)

  三大都市圏10月 就業者確保で(日本経済新聞より)

 

 人材サービス大手のエン・ジャパンが20日発表した10月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東、東海、関西)で前年同月比3.0%(46円)高い1560円だった。上昇率は2012年1月の統計開始以来で最大。法改正の影響で派遣先を移るスタッフが9月末から出ており、就業者確保のため時給を上げる企業が増えている。

 上げ幅が大きかったのは求人の半数以上を占める事務職。同3.5%(53円)高い1575円と過去最高だった。

 

 改正労働者派遣法により9月末以降、同じ職場で有期雇用のスタッフが働ける期間は3年までとなった。事務職は平均勤続期間が長めで、派遣先を移らなければならない人数が多い。事務の求職者は同1.5倍、求人は3.89倍に増えた。

 従来のスタッフがいなくなる職場では人手確保のため、時給を100円程度上げて募集する例が多い。「新しいスタッフの方が高時給だとして、前からいる人の間で不満も増えている」(エン・ジャパンの沼山祥史・派遣会社支援事業部長)

 

 同業大手のリクルートジョブスが同日発表した10月の派遣社員の募集時平均時給は三大都市圏で前年同月比0.8%(13円)低い1639円。

 

広島に派遣時給はどうでしょうか?

広島求人.comでも高時給、高月給の派遣社員も掲載中です。社員登用ありも派遣さ員募集の特徴となります。

ここにしかない地元広島の、転職、バイト探し、もちろん派遣も!

あなたに合った雇用形態も、ワンタッチで探しやすい求人サイト広島求人.comでは、広島のお仕事探しを応援しています。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。