202X年、人余り再び? 日本経済新聞より

人手不足の中で、雇用環境は好転していますが、企業がAIなどの導入投資による、省力化に動き始めたことで、次第に余剰人員が膨らみ、2020年代には、完全失業率が再び上昇に転じるという観測も出てきているようです。

省力化で、生産性が高まった社会に対応できるような対策が必要。

現在の人手不足から、企業が効率化を進め、余剰人員が増加という事のようです。

 

現在でも、人手不足⇒時給増加、仕事量は変わらないが労働時間は減少しているようで、また失業率低下や、正社員化といった働き方改革も一斉に進行しています。

来年度も、厚生労働省は働き方改革で、2,800億円の予算計上と、働き方、正社員化など行政も力を入れています。

 

裏腹に人の労働力をAIに切り替え効率を追求する企業と、経済環境に対応した企業努力も大きく前進しているようです。

 

人と、AIの共存した環境づくりが今後の労働力の課題となっていくのでしょうか。

 

『広島求人.com』では、現在の人手不足に対して、求職者の方々に、地元、広島のお仕事、広島のバイト/アルバイトの広島の求人をお知らせしております。

働き方の改革により、色々な環境でのご相談が出来る企業の情報も満載です。

広島の仕事、広島のバイト/アルバイトなど、広島の求人は、『広島求人.com』でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。