あなたは何を伝えたいですか?

目は口ほどにものを言う

 

良く相手の目を見て話をしなさいと言います。面接のときに面接官の顔を見ないで話をするのは、もってのほかです。でも相手の目を見たままというのも、ちょっと耐えられずにすぐ目をそらしてしまいがちです。それは口で言うほど簡単なことではないですよね。じゃあ相手の鼻、いや、おでこ辺りはどうかな、などと考えると、かえって意識過剰になってしまいそうです。広島求人. comをみている皆様、広島の派遣、バイト探しをしている皆様はどうですか。

知り合いにその話したら「それは話に集中していないからだ」といわれました。相手に自分の気持ちを真剣に伝えようとしたら、自然と相手の顔や目を見るようになるということです。面接も同じ。広島で就職したいと考えている皆さん、あなたは何を伝えたいですか。あなたのその本気度は目に表れます。「目は口ほどにものを言う」とはよく言ったものです。

 

Q. スーツを着慣れていません。面接はスーツの方が良いのでしょうか?

A.指定がない限りはスーツで臨むようにしましょう。

Q. 仕事の為、平日の日中に面接に伺うことが出来ません。応募企業の面接を夕方以降、もしくは土・日・祝日に実施して頂くようお願いすることは可能でしょうか?

A.企業によっては配慮してもらえる場合があります。

「無理を言っている」という前提で丁寧に尋ねてみましょう。

その際「○○日なら有休取得できるため面接可能」というように、難しい場合の方法も提示しましょう。

Q. 面接の準備として企業研究はどのくらい行えば十分でしょうか。

A.これで十分!という基準はありません。

自分がしっかりと理解できたと思えるよう、準備しましょう。

応募しようとしている職種や事業内容はもちろん、少なくとも事業所の所在地や代表者、理念等は把握しておきましょう。

Q. 応募企業から別の職種での提案を頂きました。この場合はどのような対応をすればよいのでしょうか。

A.検討できる職種であればお礼を伝えてじっくり考えてみてください。

ご自身の判断にはなると思いますので、必ず受けなければならないというものではありません。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。