入社後の将来像

 面 接

 

いよいよプロ野球シーズンが到来です。マスコミはどうしても昨年のドラフト会議1位指名の選手たちに話題が集まります。

でも結果は指名順位どおりにならないのが常で、昨年引退した広島東洋カープの新井貴浩選手は6番目の下位指名だったのは有名です。そこが難しいというか、面白いところです。

会社も同じではないでしょうか。企業はもちろん「優秀な人」はほしいですが、それより新井選手のように会社に入ってから努力して「伸びる人」がほしいと思います。広島求人. comをみている皆様、広島の派遣、バイト探しをしている皆様、面接時には今の自分に少々自信が無くても「私はこの職場でこうなりたいです、このようにお役に立ちたい」と具体的に自分の入社後の将来像を表現してみるのも一つの手かも知れません。小さいことでもかまわない、それが本当の気持ちだったら、通じるかも知れません。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。