田舎の話

 若者が都会へ就職していくことにどう感じますか

 

 田舎をでて都会へ就職します≫

 

皆様、どこかで聞いたことがある言葉ではありませんか。

これから私事の体験談です。ここから名誉とプライバシーの為、土地の名前、人の名前は伏せさせて頂きます。

 

ある知人は家を持っていました。そのことに誇りをもっているようで話しの流れで家を見にいくことになりました。

車で運転すること何時間。だんだん景色は田舎風景になってきました。車はどんどん進み、山の中へ入ってきました。

そろそろ家があるだろうなんて考えていたら、まだまだのようで。そして、さらなる山の中へ車が走っていきました。

さすがの私も恐怖が隠せなくなってきたころ。そのときのまわりの景色はジャングル地帯のような感じです。

ついに到着したときは、山の中です。あたり一面の田んぼでした。コンビニやスーパーなんてありません。

ポストもありません。病院もありません。話を聞いたところ、兄弟は生まれ育ったとき、こんな場所が嫌で

高校卒業と同時に日本の大都会である土地に就職し出て行ったそうです。出たきりもう都会から戻ってきてないそうです。

 

広島求人.comを見ている皆様、広島の転職、派遣、バイト探しをしている皆様、どう思われましたか。

就職の形は人様々です。皆、色んな思いがあってその会社に就職しています。

「今度こそは・・・」皆様の就職に幸せが訪れますように祈っています。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。