試験に落ちた時の対策

落ちた時はそのままにしておかず対策を考えましょう。

 

厳しい就職活動は、不合格になることもあるでしょう。しかし、そのまま落ち込んだりふさぎ込んで、

何もしないではいけません。落ちることなんて、皆どこかで経験しています。

ただ、やはり志望企業に落ちることは、ショックなものだし残念なものです。

 

落ちたのなら、どこか試験の時に自分は「ここ、失敗したなあ」と思い当たるふしがあるはずです。

そこを次の会社を受けるときには改善していきましょう。

例えば、筆記試験の時、わからなかった問題をそのままにして放っておくのではなく

次の会社で同じ問題がでたらわかるようにしておきましょう。

面接で「受け答えに失敗したなと」か、「これ言ったとき、面接官が顔を濁したな」と感じたのであれば

次の会社では同じ質問されても失敗をしないようにしましょう。

 

次の会社に活かして、次こそは面接が上手になるようにしていきましょう。

そして、いつの日か、「合格通知」の連絡が届くといいですね。

その日がくるまで、広島求人.comの皆様、広島の転職、派遣、バイト探しをしている皆様、あきらめずに

頑張っていきましょう。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。