じわり注目「マイ○○」アイテム

コロナ禍で「マイ箸」再ブームに

 

前菜すっかり定着した「マイバッグ」や、「マイボトル」などに加え、新型コロナウイルス感染拡大のなか、自分自身で管理できる「マイ○○」の需要が、よりいっそう高まっている様子です。
お弁当を持参する方には当たり前の「マイ箸」ですが、外食の際にも自分専用のものを使用すれば安心、エコにも繋がると「マイ箸」「マイスプーン」「マイストロー」が人気。

中でも、持ち手と箸先が2つに分かれていて、箸先が内側に入り込むように重ねて収納できるコンパクト設計の「ポケバシ」は、軽量で、気軽に持ち歩くことができると利用者の多い商品です。
それに伴って、箸袋だと箸とスプーンを一緒に入れられ、持ち歩く時の音もしないとそちらも注目されているそう。
ホテルやレストランの「持ち帰り箸」も増えており、箱も箸もしっかりとした作りの物が多く、持ち帰り後も使用出来ると喜ばれているそうです。


また、洗浄用ブラシ付きで洗って繰り返し使える「アルミクールストロー」も、清潔に保つことが出来、熱伝導の良いアルミニウム素材で、冷たい飲み物がよりひんやり感じられると人気です。

 

ポケットサイズで持ち運びに便利なものとして、「ペーパーソープ」も人気。
1枚ずつ取り出して、水で濡らして泡立てて使用する薄いシート状のせっけん。昔懐かしの「紙せっけん」ですね。

近年は、殺菌・消毒の効果が期待される成分を配合している上、ココナッツオイル配合されて手に優しい商品も。

これからも暫く続きそうなウィズコロナの生活の中、安心を持ち歩こうと、色々な生活様式が見直されたり、新しくなっている様子です。

 

広島市植物公園でも、箸やスプーンを作る木育ワークショップを開催するようです。
9月19日(土):丸太から世界に1つだけのマイ箸作り(小学校4~6年生対象)
9月27日(日):小さな子どもに贈る木のスプーンづくり(シニア世代の方対象)
こちらのイベントは広島市植物公園のwebサイトで確認してみて下さいね。

 

広島にお住いの皆さん、広島の転職、バイト/パートなど広島でのお仕事探しは、 地域密着の求人情報【広島求人.com】でお探しください!

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。